包丁は手入れが大事!お手入れ方法を教えます。

包丁の鍛造方法

包丁の鍛造方法と其々の特性

包丁は手入れが大事!お手入れ方法を教えます。鍛造は昔から使われてきた技術であり、金属加工は殆ど鍛造によって作られてきました。金属をハンマーで叩いて圧力を加えることによって内部の空隙を潰して、結晶を微細化させます。決勝の方向を整えることによって強度を高め目的の形状に変形させます。
鍛造の技術は大まかに3種類に分けられ、素材の変形抵抗を減少させる為に再結晶温度以上に熱を加える技法、常温のまま成型する技法、半凝固状態で成型する方法があります。精製方法は型に当てはめて造る方法と、治具にセットをしてハンマー等で成型する方法の2種類です。先の方法は大量生産向きで、後者は少量生産で技術が必要になります。
今では機械が行う事も増えてきました。
包丁もこの技術が使用されるようになってきました。有名な堺市を始めとした打刃物と、現在民間企業が大量生産をおこなう抜き刃物の製法が包丁の鍛造の種類です。どちらも需要があり、技術が上がったおかげで抜き刃物でも十分な質の包丁が販売されるようになりました。これは優秀な金属が使われるようになったのも要因の一つです。
以前包丁に主に使われていた金属として鋼や鉄が一般的でした。これらは打刃物によって強度をまして使用した方が適した金属でしたが、今主流になっている金属はステンレスの方が多いでしょう。ステンレスは錆びずらく、強固の為、抜き刃物で作成しても十分な質の刃物を精製する事が出来る様になったのです。
その他にも薄く加工できて切れやすいのが特徴のセラミックの包丁等も販売されるなど、様々な素材が使われるようになってきました。
しかし、未だ料理人の間では打刃物の方が人気があります。堺市の包丁はプロの業界ではシェアを9割以上占めるという報告がある位です。これは昔からの信頼と技術の高さに他なりません。それと、使用回数が多い包丁は必然的に刃こぼれ等を起こして切れづらくなります。また切れる様にする為には刃を研ぐ必要があります。この研ぐ作業を行いやすいのは鋼や鉄等で加工したもので、何回も研いで切れ味をキープできる特性があるのです。ステンレスの中には加工が難しい物もありますので、未だに鋼や鉄が好まれる差があるとしたらこういった所でしょう。
自分が使用する目的や頻度によって、十分に使用できる刃物も変わってきます。頻繁に使用するならば先ほどの理由から鉄や鋼で作成された打刃物を使うのもいいでしょうし、調理頻度が少ないのならば市販のステンレスの方が管理が簡単で好ましいと思います。

Copyright(c) 2016 包丁は手入れが大事!お手入れ方法を教えます。All Rights Reserved.