包丁は手入れが大事!お手入れ方法を教えます。

包丁の単位とは

包丁の単位とその意味とは

包丁は手入れが大事!お手入れ方法を教えます。包丁は日本や海外で様々な進化を遂げてきました。日本だと最古で現存するものは奈良時代に遡り、現在も正倉院に飾ってあります。この頃の形に至っては日本刀のようなすらっとした形でした。更に遡ると石器時代に至り、石を使った刃物が起源とされています。
現在の形に近づいたのは平安時代とも江戸時代とも言われています。関東と関西では形が違いますが、初めに変化を遂げたのが菜切り庖丁と言われています。これは現在よく見られる三徳包丁と違い、四角い形をしており刻み切りがしやすい様に薄く軽い様に出来ており、野菜を断ち切り安くする為に刃先が平たくなっています。
その後、魚を切る為の出刃包丁や刺身包丁が出回り、明治になると海外からの文化と共に牛刀が入ってきました。牛刀は肉を調理するのに優れており、押し切りや骨も切断しやすい様に固く丈夫に作られています。牛刀と菜切り庖丁の良い特性が合わさったのが、現代の三徳包丁であり一般家庭に普及しました。
このように発展してきた包丁にはそれぞれ意味があり、その都度単位も様々決められてきました。大体の方は1本、2本…と『本』で数える方が多いでしょう。他の単位も結講聞いたことがある人はいるのではないのでしょうか。例えば『丁(挺)』『柄』と言います。実際本当は『柄』が包丁の単位として正しいようですが、現在は『本』と数える人の方が多いでしょう。
柄に関しては、包丁自体に柄があるからこのように呼ぶと言われています。ちなみに同じ刃物である刀にはこの呼び名はありません。丁に関しては、「園丁」や「馬丁」の様にそこで働く男(料理人)を指していると言われています。これは庖丁の丁から由来されており、元々庖丁の言葉の元となっているのは料理人だと言われています。
逸話の中に、昔の中国で王様の前で調理人(庖丁)が牛一頭を見事に捌ききり、その時に使用された刃物を庖丁と名づけたと言われています。
単位自体は時代と共に変化もしますので、余り深く考えて使用されなくなっている傾向があります。中には1つ2つの様な数え方をする人もいるでしょう。もちろん言葉の流れで何を指して言っているのかはわかるでしょう。しかし出来るだけ正式な言葉を使用すればそれだけ相手に伝わりやすく、何を指しているかがわかりやすいのも事実です。自分が使用しないものだと中々数え方がわからない事もありますが、今ではインターネット等で学ぶことも出来るので、少し気になった時に調べてみるのもいいかもしれません。

Copyright(c) 2016 包丁は手入れが大事!お手入れ方法を教えます。All Rights Reserved.